You Only Live Once

【埼玉】の《歯科医師》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

雑司が谷の【あぶくり】に行ってきたよ!

 

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です! 

 

f:id:KENG:20180225223652j:image

少しずつ気候も温かくなってきました。

 

先日、新宿御苑で梅を見に行ってきました。

 

まだ5分咲き程度でしたが、梅の甘い香りを堪能することができました。

 

他の所もまだ満開ではないようですので、満開の時期になったら有名な青梅の梅園にでも足を運んでみようと思います。

 

さて今回は、豊島区にある雑司ヶ谷【あぶくり】さんに行ってきたので紹介したいと思います。

f:id:KENG:20180107113011j:plain

  

最近ブームの雑司ヶ谷エリア

雑司が谷は、最近私の中で蔵前と同じぐらいブームが来ているエリアです。

 

渋谷と違い下町の空気が気に入っているんだと思います。

 

先日投稿した【キアズマ珈琲】さん雑司が谷のエリアでしたね。

keng.hatenablog.jp

 

f:id:KENG:20180107113109j:plain

東京メトロ副都心線の雑司が谷駅 から徒歩7分。ちょうど高田一丁目の交差点に【あぶくり】さんがあります。

 

え?お店なんかある?っと疑ってしまう外観ですが、Google先生に高田一丁目の交差点に案内された私でさえ戸惑ってしまい、交差点を右往左往していました。

 

f:id:KENG:20180107113136j:plain

 戸惑いながらも、さて、どこにあるんだろうと探していると、交差点の角に小さくopenの字と、自販機前にスタンド看板が見えました。

 

f:id:KENG:20180107113011j:plain

ありました!【あぶくり】さんです! 

 

 「あぶくり」の文字が消えていて、「あバく」になってしまっています。

 

これはわざとやっているのか?それともイタズラされてしまったのか?

 

いずれにしても、見つけるのにわかりずらかったですが、逆にお店を見つけた時の発見がワクワク感を生んでくれました。

 

f:id:KENG:20180107113218j:plain

チョークで描かれたスタンド看板も色鮮やかで惹かれます。 

 

f:id:KENG:20180107113326j:plain

外観をチェックしたら、さっそく階段を上っていきました。

 

f:id:KENG:20180107113350j:plain

 階段を上がると正面にガラス張りのドアが設けられた入り口が現れます。

 

ガラス張りのドアから、店内の奥行きある開放的な空間が広がっているのがわかります。

 

f:id:KENG:20180107113502j:plain

ベルのついたドアを開けてゆっくり開けて、いよいよ店内に入ることにします。

 

店内の様子

f:id:KENG:20180107113557j:plain

チリンチリンとベルの音を鳴らしながら店内に入ると、外観からは想像もつかないおしゃれな空間が広がっていました。

 

 テーブル席は2名席が7つ、4名席が1つほどの広さです。

 

f:id:KENG:20180107113637j:plain

 店内入って左側にはキッチンがあります。

木材を使用しているため温かかみのある印象です。

 

f:id:KENG:20180107113711j:plain

ブックスタンドもキッチン前に設けられ、気軽に読むことができます。 

 

f:id:KENG:20180107113736j:plain

 テーブル席に備え付けられている椅子は座るエリアによって形が違っており、座る場所によっても座り心地や景色、空間の感じ方が異なってくるのでしょう。

 

遊び心があって面白いですし、また来たいと思わせてくれます。

 

f:id:KENG:20180107113800j:plain

トイレはここ。

ギャラリーと書いてあり、一瞬「はて?」と思ったのですが。 

 

f:id:KENG:20180107113825j:plain

実はトイレ内便器の正面に絵画の作品が設置されていました。

 

これなら便座に座りながら落ち着いて踏ん張ることができるかもしれませんね。

  

あぶくりブレンド

f:id:KENG:20180107113855j:plain

さて、【あぶくり】さんはフレッシュな野菜や果物を使ったサンドイッチやランチメニューがおススメなカフェです。

 

お店に伺った時間帯は16時ごろ。夜には友人と食事の予定が入っており、カレーなどをがっつり食べるのは控えたかったので、今回は、あぶくりブレンド季節のフルーツサンドを注文することにしました。

 

Made In Thailandの煌びやかなカップ&ソーサーで運ばれてきたあぶくりブレンドは、 ローストしたナッツのような香ばしくて甘い香りで、私の疲れた頭を癒してくれました。

 

そしてさっそく一口頂くことに。

 

酸味の質はトゲトゲしくなく、丸みを帯びてスッキリした印象です。そしてナッツや、ハーブなどを思わせる風味を感じます。

 

ミドルボディで、酸味と苦味のバランスもちょうど良く、後味もクリーンで非常に飲みやすい珈琲です。

 

f:id:KENG:20180107113941j:plain

最近、喫茶店やカフェ巡りの中で珈琲の味や甘味だけではなく、カップ&ソーサーにも注目するようになりました。

 

カップ1つとってもお店によって違い、同じ珈琲だとしても感じる印象や癒され方がガラッと変わるので、大変興味が湧いています。

 

季節のフルーツサンド

f:id:KENG:20180107114023j:plain

今回の季節のフルーツサンド安納芋を使ったフルーツサンドです。

 

注文があるごとに、丁寧に一つ一つ 手作りで作っていました。

 

f:id:KENG:20180107114133j:plain

 甘すぎず、素朴な味わいに心がホッとします。

 

安納芋のクリームの間に入っているのは干しぶどうです。

 

安納芋の甘さに干しぶどうのコクがプラスされていて非常に相性が良いです。食感にも良いアクセントが加わっていて奇襲加えていました。

  

まとめ

「あぶくり」という店名は、店主の娘さんが小さい頃に見えていた空想の小さな生きものだそうです。

 

そんなロマン溢れる話を聞きながら、珈琲とフルーツサンドに舌鼓を打ち、非常に素敵な時間を過ごすことができました。

 

行く時期によってフルーツサンドの内容は変わったりするので、リピーターになってしまいますね。

 

またランチメニューも美味しそうだったので、次回行く時はお腹を空かせてから足を運んでみたいと思います。

 

あわせて読みたい

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】