~ 珈琲による第2の人生 ~ You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店巡り〉、〈カフェ巡り〉、〈珈琲の探求〉、〈蔵書紹介〉について情報を発信《☆YOLO☆》

バターコーヒーダイエットを試験的にやってみました

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です!

 

 

去年、私の知らないところで流行ったバターコーヒー。

 

それを今回自分で試験的に試してみました。

 

バターコーヒーでなんでダイエットできるの?

 

そんな疑問から生まれた今回のブログ。

 

果たして結果やいかに。

 

バターコーヒーダイエット
いったいどうやるの?

ネットで検索するとバターコーヒーによるダイエットの効能をうたった記事がたくさん散見されます。

 

実際バターコーヒーを使ったダイエットはどのように実施すれば良いのでしょうか。

 

ダイエットに成功したとする友人に聞いてみると以下のような感じだとのこと。

 

・夕食から16~18時間は食事をしない

・朝食は良質なグラスフェッドバターを使用したバターコーヒーを一杯だけ飲む

 

 ほぉ~、意外と簡単じゃないか。

 

この方法によってダイエットが成功すると言うのならば自分も試してみようではないか。

 

ということで、1週間ほど試験的に自分も行ってみることにしました。

 

ちなみに友人が行ったダイエット方法の元となったのが「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という書籍。

 

今回、この書籍も友人から借りてみました。

 

 

バターコーヒーの作り方

さて、バターコーヒーの作り方はネットで検索すると色々とやり方がのっていて、正直どれが正しいんだがわからなくなっているのが現状です。

 

紛い物のレシピも多くあるからなのか、きちんとした公式のバターコーヒー(完全無欠コーヒー)のレシピが以下のように公開されています。


How to Make Bulletproof® Coffee w/ Dave Asprey

 

①アップグレード・コーヒー豆で淹れた熱々のコーヒー:2杯

②グラスフェッドの無縁バター:大さじ2

③ブレイン・オクタン・オイル:おおさじ2

 

①~③を一つの容器に入れて、ブレンダー等の機器を使ってよく攪拌する。

 

アップグレード・コーヒー豆?

 

グラスフェッドバター?

 

ブレイン・オクタン・オイル?

初めて目にする単語ばかりで戸惑いましたが、調べてみると下記のようなもののようです。

 

アップグレード・コーヒー豆は、化学物質を使用することなく有機農法で育てたコーヒー豆を、有害なカビ、細菌や毒素を最小化しながらミディアムローストに焙煎して梱包したものです。

BulletProof独自の基準を満たしたアップグレードの品質のコーヒーということなのですが、つまりは有機認証されたコーヒー豆と解釈すれば良いみたいです。

 

グラスフェッドバターは、牧草だけで育てられた良質な牛の乳から作られたバターのことのようです。安全でりながら栄養が豊富な貴重なバターみたいです。

 

そしてブレイン・オクタン・オイルは、MCTオイルの豪華版。

MCTオイルは、「Middle Chain Oil=中鎖脂肪酸油」のことです。

とりあえずMCTオイルは、エネルギー効率が良く、体脂肪になりにくいものと考えて頂ければ良いと思います。細かい機序等に関しては、また別の記事で紹介していきたいと思います。

 

アップグレード・コーヒー豆とブレイン・オクタン・オイルに関しては、著者のサイトで購入可能みたいです。

www.bulletproof.com

 

海外サイトでの購入が心配な方は、Amazonでも購入可能です。

 

Amazonならグラスフェッドバターも一緒に購入することができますが、いざ購入しようとすると。。。。。

 

グラスフェッドバターとブレイン・オクタン・オイルとアップグレード・コーヒー豆を3点まとめて購入する際の金額

このように3点まとめて購入すると送料も含め9000円近くしてしまい、ポチっとボタンを押すのを躊躇してしまいます。

 

 公式通りのレシピで作ろうとすると価格が馬鹿になりません。

  

今回は試験的に1週間だけ行う予定のため、さすがにそこまでの金額を費やすことはできないので、もっと手軽に材料を入手することはできないのか考えてみました。 

 

手軽に入手できる
ファミマのバターコーヒー

一応「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の書籍中には、公式レシピ以外に、バターの入手が困難またはバターが苦手な人用に、「ココナッツミルク:大さじ4杯、MCTオイル:大さじ1~2杯でも代用できる」と書かれていますが、それぞれの材料を揃えるのがまずめんどくさかったりします。

 

なので、材料の購入もせずに始められるものはないものか考えてみたところ。

 

 ファミリーマートのバターコーヒー

出した答えが、これです。

 

ファミリーマートやサークルKで販売しているバターコーヒー:184円(税込み198円)。

 

すでに完成形のものが200円程度で売られているため、忙しい時間帯でも問題なし。

 

1週間続けたとしても、1400円で済んでしまいます。

 

安い! 

 

ファミリーマートのバターコーヒー

迷わずこれを7つほど購入し、さっそく1週間朝食に一杯飲み続けてみました。

 

まぁ材料それぞれが品質が良いかどうかはまったくわかりません。

 

有機農法なのかそうじゃないかもわかりません。

 

ですが、 販売元はドトールコーヒーさんですし、そんな変なものは売らないはずと期待を寄せて品質の良し悪しに関しては見なかったことにします。

 

結果発表!

結果は以下のような感じになりました。

 

ダイエット前の体重の数値

こちらはダイエット前の体重の数値。

 

 

ダイエット開始して1週間後の体重の数値

そしてこちらがダイエット開始して1週間後の体重の数値です。

 

数字的には約1kg減といった形です。

 

体感としては、1kgも落ちた感じはしなかったのに、1㎏も落ちてるから試験的にはダイエット成功例ととらえて良いのかな?

 

ちなみに、この試験期間中はジムや自宅でのトレーニングは特に実施していません。

 

昼食や夕食の減量もしていませんし、14時のおやつと、仕事の休憩時間中のお菓子摂取は引き続き継続していました。


ただし私の場合、通勤にロードバイクで片道5キロ走っている環境がありますので、電車通勤の方々を対象とした場合、体重の減量が1㎏も落ちない可能性があります。

 

そういったバイアスを加味した1㎏減の結果と捉えて頂けたらと思います。

 

バターコーヒーダイエットを
試してみて感じたこと

一週間このダイエットをやってみた感想としては、特に辛かったという実感はありませんでした。

 

すでに完成されたバターコーヒーを使って試験的に行ったということもあり、手軽に続けることができました。

 

過度に著しい食欲も出ることはなく、心配していた午前中の仕事のパフォーマンスも主観的にではありますが、著しく低下するような実感はありませんでした。

 

書籍の中で「毎日0.5㎏ずつ痩せながら、IQも20ポイント上がり、パフォーマンスを最大化する」と著者が豪語しているように、確かにエネルギーに満ち溢れ、頭の回転も速かったような実感がありました。 

 

ダイエットとしてはまずまずの結果になってなってしまいましたが、ではいったい何故バターコーヒーはこのようなダイエット効果を発揮することができるのでしょうか。

  

バターコーヒーの
ダイエット効果を及ぼす因子

 バターコーヒーがダイエット効果を及ぼす背景には、以下のようなものがあるためと考えられています。

 

⑴グラスフェッドバターに含まれる成分

①酪酸(質の良い)による脂肪分解促進

②共役リノール酸による脂肪燃焼効果

③オメガ3脂肪酸によって血液がサラサラになり代謝促進

 

⑵珈琲に含まれる成分

①カフェインのリパーゼ活性化による脂肪分解促進

②クロロゲン酸の肝臓においての脂肪酸の燃焼促進

 

⑶MCTオイル

①中鎖脂肪酸による体内に蓄積された中性脂肪の燃焼促進

 

⑷副次的効果

①満腹中枢が刺激されることによる食欲抑制

②ミセル化によるエネルギーの利用効率の向上

③カフェインによる覚醒効果

④ドーパミンによる仕事能率の維持・向上

 

ダイエット効果の要因としては、各種情報誌や論文を調べてみるとざっとこんなもんでしょうか。

 

この中で、一番効果として実感したものは、⑷副次的効果の①満腹中枢が刺激されることによる食欲抑制です。

 

バターコーヒーダイエットは
エビデンスがない?

調べてみるとわかってきたのですが、バターコーヒーに含まれる各種成分が我々の身体にダイエット効果を及ぼす影響には、信憑性の高い情報が多く散見されました。

 

実際に「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の文中にも根拠となる参考文献が多数載せられていますが、著者の奥様はお医者様だからでしょうか。掲載している論文自体も悪い印象はあまりありませんでした。(その一つ一つは、英文のためAbstract部分しかざっくりと読んでいませんが)

 

しかし、実際にバターコーヒーが人間の身体にダイエット効果を及ぼす効果を証明した論文などは見つけることはできませんでした。

(一応私は、国立国会図書館の公式HPの論文検索から、『butter』『coffee』『diet』で探してみましたがヒットしませんでした。もし論文を見つけた方はお手数ですが教えて頂けると嬉しいです。)

 

 

このバターコーヒーによるダイエット成功の多くが、経験者の主観によるところが多く、その結果の裏付けとして各種成分の効能を挙げていることががほとんどのようです。

  

まとめ

さて、今回試験的に行ったバターコーヒーダイエット。

 

バターコーヒーに含まれる各種成分の効能を謳っているものが多く散見されますが、実際にはダイエット効果があるというエビデンスは確立されていないのが現状のようです。

 

今後、バターコーヒーによるダイエット効果を多角的に評価した研究がさらに進められ、世の中に発表されるのをぜひ期待したいです。

 

 

あわせて読みたい

 
keng.hatenablog.jp


keng.hatenablog.jp

【スポンサーリンク】