You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

飯能の【珈琲専門店 コーヒー苑】に行ってきたよ!

 

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です。

 

先日、スペアザの野外ライブがあり、日比谷に行ってきました。

 

柔らかい日差しで気温もちょうど良く、澄んだ心地よい風が体を通りすぎる中、野外ライブがいざ始まると、観客の意識と相まってステージは熱く盛り上がりました。

 

青空の下、日比谷のど真ん中で音楽が聴けるなんて、最高の時間です。

 

その時間を思い出しながらブログを書いていると、サクサクはかどりますね。

 

さて、今回は飯能【珈琲専門店 コーヒー苑】に行ってきたので紹介していきたいと思います。

f:id:KENG:20180207201853j:plain

 

飯能について

 f:id:KENG:20180410092004j:image

西武池袋線の池袋~秩父駅の折り返し地点の飯能駅は、都内から秩父や長瀞、三峰に行く乗り換えのために、週末はたくさんの観光客でにぎわっています。

 

f:id:KENG:20180410092159j:image

東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県飯能市との境にある標高969mの棒の峰は、この飯能駅北口からバスで登山口近くまで行けるアクセスがあり、登山を趣味にしている私としては非常に便利な駅で重宝しています。

 

創業57年の老舗喫茶店

f:id:KENG:20180207202345j:plain

今回は棒の峰下山後に飯能駅周辺を散策してみることにしました。

 

飯能駅を下車し、改札から北口に徒歩3分ほど進むと、路地へと曲がる角に本日紹介するお店【珈琲専門店 コーヒー苑】があります。

 

創業57年と飯能界隈では一番古い老舗喫茶店です。

 

f:id:KENG:20180207202712j:plain

  

f:id:KENG:20180207202927j:plain

 鮮やかでユーモアのあるチモトコーヒーさんの看板が掲げてあります。

珈琲豆はチモトコーヒーさんのものを使用しているのでしょうか。

 

チモトコーヒーさんのこの看板を見るといつも心が和むと言うか、ホッと落ち着いている自分がいます。

 

喫茶店のレトロな外観に満足したので、さっそく店内に入ることにします。

 

店内の様子

f:id:KENG:20180210000541j:plain

 全席喫煙可で、店内に入るとすでに地元のおじいちゃんやおばあちゃん達がたばこをモクモクとふかしながら雑談で花が咲いています。

 

空いている席に座ってOKとのことだったので、店内一番奥の4名席に座ることにしました。

 

外観からのイメージと違って広々としています。椅子やテーブルを低くし、天井との距離を作り、広い印象を与えているのでしょう。

 

天井の格子状に作られたデザインがまた素敵です。

 

f:id:KENG:20180210000734j:plain

壁に鏡が設置されている影響によって、天井の構造と相まってさらに奥行きが広く感じられます。

 

壁際にはコーヒーミルなども置かれ、こうゆう装飾からもレトロな雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:KENG:20180210002159j:plain

壁紙の模様もノスタルジー溢れた素敵なデザインです。

 

f:id:KENG:20180421212215j:plain

f:id:KENG:20180421212121j:plain

テーブルもレトロな雰囲気があって良いです。

 

安くて満足 ナポリタン

f:id:KENG:20180207203519j:plain

 下山後でお腹が空いていたので、ナポリタンを頂くことにしました。

 

ランチタイムを少し過ぎてしまっていたのですが、ランチタイム料金でサービスしますよーと店主の方が気を利かせてくれたので、お言葉に甘えさせて頂きました。

 

私としてはケチャップの軽い酸味と甘みが前面に出て、太めのパスタが好きなのですが、【コーヒー苑】さんのナポリタンは細めのパスタで、少しさらっとしたした印象。

 

けれど、その細いパスタの量が多く食べ応え抜群だったので、思ったよりも満足することができました。

 

しかも、ナポリタンに、スープとサラダがついて850円という安さなんですから、満足しないわけがありません。

  

際立つ苦味 ブレンドコーヒー 

f:id:KENG:20180209235754j:image

 今回はお店のブレンドコーヒーを頂きました。

 

注文を受けてから珈琲豆を挽き、サイフォンの器具を使って抽出していました。

 

香ばしい香りがお店の中に広がり、そろそろかなぁっと待っているとアルバイトの若い女性が会釈をしてからそっとテーブルに珈琲を置いてくれました。

 

非常に強い苦味とローストしたナッツの香ばしさやスモーキーさが際立つ珈琲ですが、後味はすっきりしています。 

 

この珈琲であれば、クッキーとの相性も良いかもしれません。

 

甘甘コーヒーゼリー

f:id:KENG:20180209235649j:image 

 

 f:id:KENG:20180209235709j:image

ネットで【コーヒー苑】さんを調べてみるとコーヒーゼリーの画像が美味しそうだったたので、ブレンドコーヒーと一緒にコーヒーゼリーも注文してみました。

 

ゼリーの上には大きなアイスと、スライスしたバナナ、生クリームとチョコレートソースがかかっています。

 

食べる前から甘甘が想像されます。


グッとスプーンでカップの底のほうからすくって取り出したゼリーは、ややむっちりした食感の硬さで、ほんのりとした苦味あります。

 

大きなアイスは、ミルクセーキに使用するようなカスタード感が強いアイスでした。

 

コーヒーゼリーと一緒にシュガーシロップとフレッシュミルクが添えられていましたが、このまま食べて良いかもしれません。

 

しかしそこは甘味党の私が許しません。これでもかと言わんばかりにシロップとフレッシュミルクをかけて最高の甘味に仕上げてぺろりと頂きました。

 

まとめ

創業57年と飯能界隈では一番古い老舗の喫茶店に行ってきました。

 

老舗だけあって、店内の装飾はレトロでノスタルジー溢れる空間に仕上がっており、その中でゆっくり珈琲を飲んで過ごせば、昭和の時代へタイムスリップさせてくれます。

 

軽食の種類も豊富で、ランチタイムにはリーズナブルな価格で食事をとることができ、地元住民に愛されていた喫茶店でした。

 

 

コーヒー苑

【住所】
埼玉県飯能市仲町9-3

【TEL】
042-972-2771

【営業時間】

11:00〜20:00
【定休日】 
日曜日

あわせて読みたい

 

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】