You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

清澄白河の【fukadaso CAFE】に行ってきたよ!

 

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です! 

  

今回、再び清澄白河に行ってきました。

 

清澄白河については、以前【Blue Bottle Coffee】の記事で少し書かせて頂きました。

  

keng.hatenablog.jp

 

素敵なお店がたくさんあり、何度足を運んでもワクワク楽しませてくれます。
 

 今回は、そんな清澄白河でも【fukadaso CAFE】というギャラリーカフェに行ってきたので紹介したいと思います。

 f:id:KENG:20180104184030j:plain

  

アパート兼倉庫を改築した【fukadaso CAFE】

f:id:KENG:20180104192754j:plain

半蔵門線の清澄白河駅から徒歩5分の所に、築50年のアパート兼倉庫を改築して作られた【fukadaso CAFE】があります。

 

ここはもともと「深田壮」という風呂無しアパートを改築したリノベーション物件だそうです。

 

 この日は、たまたまルパン三世に登場してくるフィアットのような可愛い車も駐車しており、レトロな佇まいがより増して雰囲気抜群でした。

  

f:id:KENG:20180104192849j:plain

この日はM嬢も一緒に参戦。

 

M嬢は、このレトロな雰囲気にウキウキワクワクが止まらない様子。

 

意気揚々とお店前でパシャリです。 

 

倉庫の面持ちが色濃く残る店内

f:id:KENG:20180104193651j:plain

店内入って左側にレジカウンターがあり、中央には大きな5~6人座れるテーブルがあります。そしてさらに右奥には2名席のテーブルが4つほど置かれていました。

  

f:id:KENG:20180104193731j:plain

アーティストさんの作品展示を行うギャラリーカフェでもあるので、壁にはたくさんの作品が展示されています。

 

この日私が足を運んだ時も、店内の壁には「Shogo」さんというアーティストさんの作品が展示されていました。

 

f:id:KENG:20180104193811j:plain

どの作品も素敵な作品ばかりです。

 

ドリンクが来るまでの間、ゆっくりと観賞することができました。

 

作品に囲まれながらゆっくり読書してみるのも良いかもしれないですね。

 

f:id:KENG:20180104193903j:plain

 

深いコクのあるブレンドコーヒー

f:id:KENG:20180104194040j:plain

今回【fukudaso CAFE】さんで注文したのは、ブレンドコーヒーです。

 

香ばしい香りをまとわせてブレンドコーヒーがサーブされてきましたので、写真を一枚パシャリしたらさっそく一口目を頂くことにしました。

 

非常に力強い苦味としっかりとしたコクがありながら、後味はすっきりとしています。

 

甘いケーキやお菓子との相性が良い、野性味ある珈琲でした。

 

M嬢に飲んでもらいましたが、やはり苦味が強くて飲めないとのこと。

 

ミルクや砂糖を加えてバランスを取ってあげると珈琲が苦手な人には飲みやすいかもしれません。

 

ほろ苦くで甘いカフェモカ

f:id:KENG:20180104194130j:plain

この日一緒にいたM嬢は、カフェモカを注文しました。

 

M嬢にお願いして、久しぶりにカフェモカも飲んでみることにしました。

 

甘いチョコレートシロップに珈琲の苦味とコクが相まって、ほろ苦くて甘いホッコリする味です。

 

久し振りに飲んでみるのも良いですね。

 

このカフェモカを開発した人は天才だわっと思ってしまいました。

 

爽やかなベイクドチーズケーキ 

f:id:KENG:20180104194156j:plain

珈琲と一緒にベイクドチーズケーキも頂きました。

 

チーズのしつこさや重たさはなく、爽やかな酸味と甘さのバランスがちょうど良い一品です。

 

ブレンドコーヒーの苦味がケーキの甘さを引き立たせてくれて相性もばっちりです。

 

カフェモカとの相性も甘々で最高よー!飲んで飲んでー!」とM嬢もケーキとの相性に喜んでました。

 

まとめ

今回は【fukadaso CAFE】さんの紹介でした。

 

 このレトロな雰囲気や、素敵な作品に囲まれながら飲む珈琲は、喧騒とした都会の雰囲気を忘れさせてくれます。

 

近くにはお洒落な紅茶専門店『TEA POND』や、サードウェーブ系の珈琲が飲める【Blue Bottle Coffee】もあり、M嬢もすっかり清澄白河の魅力にハマってしまったようでした。

 

keng.hatenablog.jp

 

 

珈琲の苦手な人もこの【fukadaso CAFE】さんの雰囲気を体感しにぜひ足を運んでみてください。

 

あわせて読みたい

 

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】