You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

狭山の【ギンイロヒコーキコーヒーハウス】に行ってきたよ!

 

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です!

 

先日、今季最大の寒波がやっと過ぎたとニュースでやっていました。しかし、いまだ埼玉の朝は寒く、ロードバイクでの通勤は指が凍るように冷たいです。

 

年末年始以来、体調管理にはより一層注意を払っていますが、私が日頃行っている体調管理は、ヨーグルトを毎日食べて腸内環境を整え、免疫力を高めるよう努めています。

 

稼ぎは身一つなのでがんばらねば。

 

 

さて、今回は埼玉県狭山市にある【ギンイロヒコーキコーヒーハウス】の紹介です。 

f:id:KENG:20171112003956j:plain

 

緑あふれる狭山の地へ

狭山と言えば、武蔵野台地のほぼ中央に浮かぶ狭山丘陵が有名です。

 

狭山の~丘の~空~高く~」と歌詞があるぐらい、富士山も大きく綺麗に眺めることができ、緑も多く残された自然あふれる丘陵地帯です。

 

またその丘陵地帯で育てられた狭山茶は、「香り」・「味」ともに静岡茶に負けないぐらいのポテンシャルを持っています。

 

実際に、ネットで「狭山茶」を検索すると、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と謳われているみたいです。

  

住宅地の一角に佇む【ギンイロヒコーキコーヒーハウス】

f:id:KENG:20171112003747j:plain

そんな狭山の住宅地の一角に【ギンイロヒコーキコーヒーハウス】があります。

 

喫茶、ベーカリー、スタジオを併設し、2013年にオープンしてから地元に愛され続けています。

 

お店は女性の方が切り盛りしていますが、一時は産休などの事情でお店をcloseしている時期もあったようです。

 

現在は背中に赤ちゃんを背負いながら喫茶をオープンし、2017年11月からはベーカリーの販売もスタートしています。

 

はじめて行った時は、外観が一軒家と全く同じなのでロードバイクで通りすぎてしまうほど。

 

でも、そんな外観だからこそ、見つけた時の喜びはまるで秘密基地を探し出した時の心境になりました。

  

f:id:KENG:20171112003847j:plain

入り口ではたくさんの観葉植物が迎えてくれます。

こうゆう雰囲気のお店は率直に言って大好物です。 

 

f:id:KENG:20171112004023j:plain

f:id:KENG:20171112004052j:plain

入り口を入ってすぐ左には小テーブルと、椅子が2つおいてあります。

非常にかわいいです。ワクワク。

  

f:id:KENG:20171112004131j:plain

さっそく2階へ上がっていきます。

 

f:id:KENG:20180117200902j:plain

一軒家をリフォームしているので、2階へと続く階段が「家庭」の階段で、土足で上がっていいか迷ってしまうほど。

 

壁にはワイヤーで「coffee house」という文字が描かれており、ところどころおしゃれな演出が光ります。

 

店内の様子

f:id:KENG:20171112004317j:plain

店内は、4名掛けのテーブル席が2つ、2名掛けのテーブルが1つ、カウンターには2名ほど座れる席が設けられています。

 

各テーブル間は十分なスペースがあり開放的で、壁は淡いスカイブルー、床やインテリアはブラウンを基調としていて、明るく落ち着いた雰囲気です。

 

f:id:KENG:20171112004413j:plain

こちらは4名掛けのテーブル席です。

 

f:id:KENG:20171112004438j:plain

 店内の一角にはレコードが置かれています。

店内が空いてる時は、実際にレコードで店内に音楽をかけているそうです。

 

丁寧に淹れられたハンドドリップコーヒー

f:id:KENG:20171112004214j:plain

今回は、グァテマラの深煎り珈琲豆を使ったハンドドリップコーヒーを頂きました。

 

150㏄(350円)と220㏄(400円)のどちらかを選べ、220㏄のほうが50円お得にたくさん飲むことができます。

 

抽出はハリオV60を使用しているようです。

 

ほど良い酸味とコクを味わいながら、あとからじんわりと甘味を感じます。

 

ココアやナッツなどの香ばしい風味が口から鼻に抜け、スッキリとした飲み心地を味わえました。

 

 聞くところによると、珈琲豆は堀越珈琲からチョイスして使用しているそうです。

 

手作りの美味しいケーキ

 f:id:KENG:20171112004246j:plain

「さつまいもロールケーキ」です。

 

カットしたさつまいもはシロップ漬けされていますが、甘さは控えめで、どこかハーブやスパイスの風味を感じます。

 

中心にある生クリームとさつまいものクリームペーストは、生地でやさしく一巻きして包まれています。

 

さつまいものちょうど良い甘さ、さつまいもなのに重たくなく、飽きがこない仕上がりになっています。

 

しっとりもちっとした生地に仕上がっているので、クリームとの一体感も絶妙です。

  

f:id:KENG:20171121232615j:plain

こちらは「ベイクドチーズケーキ」です。

 

チーズの濃厚さを感じながらもしつこくなく、甘さもちょうど良い仕上がりです。

 

ボトムにあるクラストの生地はカラメルのような風味で、チーズとの調和がしっかりとれています。

 

二つの生地はしっとりしていて絶妙にまとまっていますが、クラストの少しザクっとした触感が、時折ひょこっと顔をのぞかせ、口の中で2つの触感を楽しませてくれます。

 

ケーキの上にはカットしたラ・フランスが添えてあり、爽やかさをプラスしてくれます。

 

まとめ

 緑あふれる狭山の地で、珈琲とケーキが美味しい【ギンイロヒコーキコーヒーハウス】さんを見つけました。

 

お店の事情で短い営業時間ではありますが、丁寧に淹れられたハンドドリップコーヒーと手作りの美味しいケーキ、そして居心地の良い雰囲気に大変満足できました。

 

近くを寄る機会があれば、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

オススメです。 

 

あわせて読みたい

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】