~ 珈琲による第2の人生 ~ You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店巡り〉、〈カフェ巡り〉、〈珈琲の探求〉、〈蔵書紹介〉について情報を発信《☆YOLO☆》

新宿の【らんぶる】に行ってきたよ!

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です!

 

甘党の皆さん。

 

朗報です。

 

今回は甘々な彼らの登場です。

 

彼らには、新宿【らんぶる】さんで出会ったので、まとめて紹介していきたい思います。

f:id:KENG:20180221190139j:image 

  

 

新宿三丁目にある老舗喫茶店

f:id:KENG:20180221185441j:image

新宿駅東口を出て、adidasショップ横の道を通り、右手に喫茶店珈琲西武、そして大塚家具を通り過ぎ、BEAMS JAPANの向かい側。

 

ちょうど新宿マルイビルの裏手に【らんぶる】さんがあります。

 

f:id:KENG:20180221190351j:image

レトロで味のある看板です。

 

調べてみると【らんぶる】さんは終戦から5年後の1950年創業し、現在の場所には1955年に移転しています。

 

もともとは地上3階、地下1階の巨大喫茶として営業を開始していたようですが、建物の老朽化や改装を理由に、現在は1階と地下1階の2フロアになったみたいです。

 

f:id:KENG:20180531232540j:image

 「いつものポーズやらんの?」とM嬢に聞くと、「人通り激しくて、恥ずかしくてできん」と言って写真のような感じに。 

 

店内の様子

f:id:KENG:20180531232552j:image

店の外観の写真撮影を終え、さっそく店内に入ってみることにました。

 

1階は写真のように20名ほど座れる空間が広がっています。

 

喫煙フロアを兼ねているため、店内にはタバコの臭いが充満しています。

 

禁煙をこよなく愛する私は、地下の禁煙フロアへ行くよう案内されました。

 

 

f:id:KENG:20180531232558j:image

地下へと続く階段を行くと、地下フロアは満席のため入り口前にはすでに並んでいるお客さんがいました。

 

どれくらい待っているか尋ねたところ、30分ほど待っているのだとか。

 

休日ということもありますが、それにしてもすごい人気ぶりです。

 

 f:id:KENG:20180531232612j:image

待つこと40分。やっと店内フロアに案内されました。

 

中に入って感じたのは、外観では想像もし得なかった高い天井と、広い地下空間です。

 

テーブルを数えて単純計算しただけでも100名程の席があります。

シャンデリアや階段などは、宮殿の大広間かのようなクラシカルなデザインでとても魅力的です。

 

f:id:KENG:20180531232620j:image

写真を見てわかる通り、世間話や、待ち合わせ場所として利用されてる人達で店内は満席になっています。

 

名曲喫茶でもある【らんぶる】さんですが、雑談の話し声で埋め尽くされている店内の状況のため、店内に流れているクラッシックの音楽を落ち着いて聴くことは、ほぼほぼできないような状態でした。 

 

お店を利用している年齢層を見ると20代前半から60代後半と幅広く、また思った以上に多様な国籍の人々も利用されていました。

 

 新宿と言う土地柄もあるのでしょう。

  

 

f:id:KENG:20180221190251j:image

 地下のフロアで使用されている赤いベロア生地のイスは、ふかふかでクッション性が良く、ダラダラとリラックスしてくつろげます。

1階に配置してある椅子と違い、座面までの高さが低い設計のため、座った時の目線の位置が低くなるので、天井がより高く感じます。

 

f:id:KENG:20180531232657j:image

 テーブルとの差尺も短いので、写真の手前に座っているビジネスマンを見ると、膝を組んで座っていますが、なんだか窮屈そうです。

 

腰の負担もあるので、パソコンなどの作業をするにはちょっとしんどいかもしれませんね。

  

f:id:KENG:20180221190029j:image

こちらは、軽井沢のスキーホテルを思わせるかのようなレジカウンター。

 

ここで精算して、現実世界へと戻ります。

  

f:id:KENG:20180221190101j:image

 レジカウンター横には昔懐かしいピンク電話が設置してあります。

 

The昭和のシロモノ。

 

配線は繋がれており、今でも現役バリバリのようですね

 

 

 

f:id:KENG:20180221190139j:image 

そして今回注文した品物がこちらです。

 

どどーん。

 

埼玉県甘党代表の私としては申し分ないかわいい子達です。

 

 

 f:id:KENG:20180221190207j:image

私が注文したのは、シロップ入りの甘いコーヒーの上に生クリームがどどーんと添えられたアイスウィンナーコーヒーです。

 

シロップのしっかりとした甘さが、疲れた身体と頭に癒しを与えます。

 

珈琲の苦手なM嬢も、こんだけ甘いとさすがにかわいいみたいで大変喜んでいました。

 

 ちなみに喫茶店に行くと、いつもコースターとかストローの袋にも注目していて、店それぞれの個性がにじみ出ていて心をくすぐられます。

 

M嬢は例によってクリームソーダを注文しましたが、これも美味いんですよねぇ。 

 

f:id:KENG:20180221190224j:image

そしてこちらは二人でシェアしたチョコレートパフェ。

 

缶詰みかん、バナナ、シロップチェリーに、大量の生クリームが盛られています。

 

その下には、これでもかと大量に詰め込まれているバニラアイス。

 

量、甘さ、満足感のストレート勝負で三球三振してしまいました。

  

 

まとめ

 今回は、新宿の喫茶店【らんぶる】さんに行ってきました。

 

名曲喫茶でもあるようですが、残念ながら休日のカフェタイムはたくさんの人で溢れ返っているようです。

 

開店の時間帯には比較的空いているという口コミもありましたので、音楽を聴きながら店内の雰囲気をゆっくり味わいたい方は、朝食がてら足を運んでみるのも良いかもしれません。

 


名曲・珈琲 新宿 らんぶる 

TEL:03-3352-3361
住所:東京都新宿区新宿3-31-3 1F・B1F

アクセス:JR新宿駅徒歩5分
営業時間:9:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:なし

 

あわせて読みたい

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】