You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

鎌倉の【OXYMORON komachi】さんに行ってきたよ!

こんにちわ。KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です。

 

平成30年7月豪雨の影響で多くの死傷者が出てしまいました。

 

先日、足を運んだ山口も土砂崩れ等の被害が出ているようです。

 

心よりお悔やみ申し上げます。

 

現在、義援金以外にも、各地の災害支援センターでボランティアの募集や、タオル類の物資の受付も通知しているようです。

 

私も僅かではありますが、義援金を送らせて頂きました。

 

いつも義援金を送る際、金額に悩みます。

 

思いやる心が大事。支え合う心が大事。

 

そう自分に言い聞かせ、身の丈に合った支援をさせて頂いてます。

 

今日コンビニで買い物をしたら、レジ横にも義援金の募金活動を行っていました。

 

おつりのたった数円程度でも良いと思います。

 

塵も積もれば山となり、東日本大震災の時は3734億円という義援金が集まりました。

 

同じ国民として支え合いましょう。

 

 さて。今回行ってきたよシリーズ。

 

カリーとお菓子 コーヒーの紹介です。

 

鎌倉駅を下車し、小町通りにある【OXYMORON komachi】さんです。 

f:id:KENG:20180221192354j:image 

 

混雑必死のカレー百名店

 f:id:KENG:20180221192336j:image

鎌倉駅から小町通り沿いに徒歩5分ほど歩けば、今回紹介する名店 【OXYMORON komachi】さんに到着します。

 

このお店に行くことになったきっかけはM嬢に「ここのカレーがどうしても食べたい!」と言われたことがはじまりです。

 

TVや雑誌などでよく出ているカレー屋さんだと言うので、詳しく話を聞いてネットで検索してみると、私がこよなく愛読しているHANAKOやCafe&Restaurant、OZ TRIP等のの各雑誌でも数多く取り上げられている【OXYMORON】さんだったのです。

 

特に私の場合、【OXYMORON】さんのコーヒー尽くしパフェを一度味わってみたかったので、素直にOKしてしまいました。

 

珈琲もそうですが、カレー百名店にも選ばれるほど有名なので、週末は混雑覚悟で臨まなければいけないと事前にリサーチで知ったため、朝が苦手な私も当日は早朝から電車を乗り継いで開店前から並ぶことにしました。

 

 

f:id:KENG:20180221192504j:image

開店前の10時30分ぐらいの時間帯でしょうか。

 

 すでに20人ほど並んでいたので、急いで並びましたが、残念ながら開店後第2陣の案内になってしまいました。

 

ですが、お店の回転も速かったため、約30分ほどでお店に入ることができました。

 

店内の様子

f:id:KENG:20180221192616j:image

 店内は約25~30席ほどの広さでしょうか。

 

白の壁を基調とした店内は、清潔感があり、とてもお洒落な空間です。

 

f:id:KENG:20180221193031j:image

 こちらは店内入ってすぐのカウンターの席です。

 

 

f:id:KENG:20180221192940j:image

 入り口横には、シンプルだけど使い込むたびに味わいがでてきそうな素敵な雑貨も置いてあります。

 

f:id:KENG:20180221192956j:image

  

f:id:KENG:20180221193018j:image

 もちろんお店で使用している珈琲豆も販売していました。


豆のままで購入できたり、すでに挽いてあるものもあります。

 

味噌がキメて!「和風キーマカリー」

f:id:KENG:20180221192717j:image

さて、今回ランチに注文したのは、【OXYMORON komachi】さんでも人気のメニュー、「和風キーマカリー」です。

 

ちょっと、インスタチックに撮影してみました。

  

f:id:KENG:20180221192734j:image

 店主の村上愛子さんは毎年インドに赴き、カレーを研究しているという探究者。

 

この「和風キーマカリー」は、豚汁から発想を得て、隠し味に「味噌」を用いているのはネットや雑誌等では有名な話。

 

真ん中の温泉卵を崩してさっそく一口食べてみると、これが美味しいのなんの。

 

とても複雑な味わいでなんとも表現が難しいのですが、甘味、コクともに私の嗜好に非常にマッチしていました。

 

小口ネギや白ごまの風味が、また良いアクセントになっています。

 

私は辛いのが苦手ですが、この「和風キーマカリー」は非常にマイルドなスパイスで、温泉卵と合わせればよりまろやかな味わいになりました。

  

大人のミルクコーヒー

f:id:KENG:20180221192812j:image

 こちらは「和風のキーマカリー」と一緒に注文したミルクコーヒーです。

 

濃いめに抽出したコーヒーにたっぷりのミルクが入っています。

 

以前、コメダ珈琲さんのミルクコーヒーを飲んだことがありますが、コメダ珈琲のもと違って【OXYMORON komachi】さんのミルクコーヒーは珈琲の苦みが強く感じられます。

 

使用しているミルクも、ミルク特有の臭みがなくすっきりと飲みやすく、またほんのりとまろやかな甘味を味わうことができました。

 

珈琲とミルクが織りなす、大人のミルクコーヒーでした。

  

 大人のゆずスカッシュ

f:id:KENG:20180221192828j:image

こちらはM嬢が注文したゆずスカッシュ

 

口の中に広がる華やかなゆずの風味。

 

ちょっと甘味が足りないかな?っと思いましたが、ゆずの酸味と炭酸が口の中をさっぱりとさせてくれます。

 

こちらも爽やかさ抜群の大人のゆずスカッシュでした。 

 

コーヒー尽くしパフェ

f:id:KENG:20180221192855j:image

こちらは今回私が一番楽しみにしていたコーヒー尽くしパフェです。

  

しっとした食感のダコワーズや、コーヒーのアイスクリーム、大きめにカットされたコーヒーゼリー、底のほうにはグラノーラが入っているみたいです。

 

f:id:KENG:20180221192910j:image 

想像していたよりも甘さは非常に控えめで、ほろ苦さのほうが強い印象です。

 

ザクザク、しっとり、そして滑らかな食感が、口の中で絶妙に混ざり合い食べていて非常に楽しくさせてくれます。

 

ゼリーはマイルドとストロングの2種類の自社焙煎のコーヒー豆を使い分けているようで、つるんとした喉越しが絶妙です。

 

全体的に珈琲の風味が非常に豊かで、まとまった仕上がりにとても感動しました。

  

まとめ

一つ一つの価格設定は高めでしたが、味付けは繊細かつ大人の味わいで、他のカフェにはない魅力がたくさん盛りこまれていて満足度は非常に高かったです。

 

他の種類のカレーやスイーツもぜひ食べてみたいです。

 

鎌倉へ出かけた際には、自分へのご褒美にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

OXYMORON komachi

TEL:0467-73-8626

住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F

アクセス:JR、江ノ電鎌倉駅を下車
     小町通りを鶴岡八幡宮に進み 徒歩5分
営業時間:11:00~18:00(LO17:30)
定休日:水曜日

HP:http://www.oxymoron.jp/

 

 

 

あわせて読みたい

 

keng.hatenablog.jp


keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】