You Only Live Once

【埼玉】の《歯科医師》。趣味である〈喫茶店〉、〈カフェ〉、〈珈琲〉について情報を発信《☆YOLO☆》

神保町の【トロワバグ】さんに行ってきたよ!

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です!

 

温かい気候に恵まれ、先日登山に行くことができました。

f:id:KENG:20180331211524j:image

 

f:id:KENG:20180331211646j:image

埼玉県の棒の峰です。

沢登りあり、岩壁ありの起伏に富んだ道のりで大変満足した日帰り登山になりました。

 

いよいよ春から秋にかけての3シーズンの登山の始まりです。これからまたちょくちょく写真をアップしますので、お楽しみに。

 

さて今回は、行ってきたよシリーズです。

 

神保町【トロワバグ】さんに行ってきたので、紹介したいと思います。

f:id:KENG:20180203220256j:plain

 

 神保町について

神保町は数多くの喫茶店やカフェが点在しています。

⇩詳しくは、過去の記事を参照してみてください⇩ keng.hatenablog.jp

【ラドリオ】さんのウィンナー珈琲はブランデーが良いアクセントになって非常に美味しかったです。

 

keng.hatenablog.jp

【神田伯剌西爾】のオリジナルブレンドは、苦味の中に豊かな甘みがあって、私のFavorite Coffee Beansに勝手に認定しました。

  

keng.hatenablog.jp

 【さぼうる】さんのミルクセーキとチーズドックは絶品です。

 

ノスタルジー溢れる昭和の喫茶店

f:id:KENG:20180322231453j:plain

地下鉄半蔵門線「神保町駅」を下車後、地上に出て神保町交差点から歩いて3分の所に【トロワバグ】さんがあります。

  

【トロワバグ】さんは、昭和51年(1976年)創業の昭和の香り漂う喫茶店です。

神保町界隈の珈琲通にとっては、オールドビーンズを使用した珈琲が飲める貴重なお店で、提供する珈琲や軽食、店内の雰囲気もさることながら、お店を切り盛りしている2代目の三輪徳子さんの気さくで情の深い応対も人気の理由の一つで、三輪徳子さんに会いにわざわざお店に足を運んでいるお客さんも多くいます。

 

f:id:KENG:20180322234042j:plain

ワイン色の店舗固定用テント(オーニング)の中央にお店のロゴが描かれていています。


昭和喫茶らしい外観にワクワク感が止まりません。

 

f:id:KENG:20180203222812j:plain

 

 

f:id:KENG:20180203223648j:plain

地下へと続く階段を降りていき、さっそく昭和にタイムスリップしたいと思います。

 

 昭和の時代へタイムスリップ

f:id:KENG:20180203230648j:plain

要所々に点在するスポットライトが薄暗い店内を明るく照らしています。

 

店内は比較的天井が低い作りになっています。

 

低い天井だと窮屈感や圧迫感を感じることもありますが、この店内の空間は、店内の明かりと相まって非常に落ち着いていて、居心地がとても良いです

 

f:id:KENG:20180203231702j:plain

店内の空間に対して、座席はカウンター7席、テーブル席は8卓ほど。 

 

f:id:KENG:20180203234029j:plain

カウンター席からは、壁に綺麗に陳列されたカップ&ソーサーがあります。

 

珈琲のカップ&ソーサーは、店主の三輪徳子さんが選んでくれます。

 

f:id:KENG:20180322235227j:plain

 今回、三輪徳子さんに案内されたのは、こちらの4名席。

 

この席に座っていたグループがちょうど退席したので、1人で来店しましたが座ることができました。

 

赤いベロア生地の椅子に座れば、もうそこは昭和の時代です。

 

店自慢のオールドビーンズを使用したトロワブレンド

f:id:KENG:20180203235320j:plain

さて、今回注文したのは、コクテール堂のオールドビーンズを使用したトロワブレンドです。

 

サーブされた時の香りがやっぱり違いますね。


ハイローストしたナッツ香りや、落ち着いたウッディな香り。ブラウンシュガーや黒糖、出来立てのポン菓子のような甘い香りなど、幾重にも重なる香味の波が、早く口にしたいとする気持ちを抑えられなくなります。


急いた気持ちを静ませながら、ゆっくりと一口含むと、まず感じたのはカップの縁から口の中に入る際に感じるトロッとした舌触り。


そして口の中に広がる魅力的な風味とともに特徴的な酸味の質を感じてると、後から苦味が待ってよーっと追いかけてきます。

その酸味と苦味のバランスがちょうど良く保たれていて飲みやすい一杯に仕上がっています。

 

胃から込み上がってくる香味の余韻に浸りながら、少しずつ少しずつ珈琲を味わうことで、ゆっくりと過ぎていく時間を楽しむことができました。

 

名物のグラタントースト

f:id:KENG:20180204003510j:plain

毎度お馴染み、珈琲だけ飲んで帰るなんてもったいない。

 

美味しい珈琲がある店には必ず、美味しいフードがあるんです。

 

それがこのグラタントーストです。

  

 

f:id:KENG:20180204004121j:plain

 この視覚に訴えかけるエネルギーは半端じゃありません。

丁寧に焼き上げられたサクッとしたトーストの耳、ふわっとした生地、トロッととろけるホワイトソース、びょーんとのびるチーズ。

誰しもが言葉を失う至福のひとときです。

淡白な味になりかねないチーズとホワイトソースを、ブラックペッパーが引き締め、しつこくさせず飽きさせません。

人参、トマト、ブロッコリー、ねじねじパスタを和えた付け合わせのサラダも、ドレッシングの味が私好みでした。 

 

まとめ

f:id:KENG:20180326230416j:plain

神保町駅を降りてすぐの喫茶店【トロワバク】さんは、貴重なオールドビーンズを使用した珈琲を味わえる数少ないお店です。

 

店内の落ち着いた雰囲気の中、一杯の珈琲とグラタントーストを注文すれば、ノスタルジック溢れる昭和の時代にタイムスリップできると思います。

 

ぜひ皆さんも足を運んでみてください。

 

あわせて読みたい

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】